療育音楽を楽しむ会

療育音楽を楽しむ会

知的障がい児・者と共に療育音楽で」リハビリテーションと仲間づくりをしています。
2005年度朝霞市社会福祉協議会のお声がかりで「障がい児・者の土・日余暇活動推進」のために、長年経験を持つ「音楽療法で楽しく」ということを契機に、2007年から独立行事として、たくさんの楽器も増やして主催しています。 (毎月第四土曜日が定例会です。)
指導者は「小さな集い」のインストラクターと同じ(財)東京ミュージックボランティア協会音楽療法士です。

月例会

②地域の発表チャンスに出演
③主催事業  「みんな集合!音楽で一日 楽しく遊ぼう!」 と発展しています。
月例会 ご家族もごいっしょにどうぞ!
参加費 一世帯500円
会場  朝霞市中央公民館音楽室(ほぼ同じ会場です)
時刻  午後2時~3時30分

地域の発表会

中央公民館サマーフェスティバル
  応援の合唱は朝霞混声合唱団20名です
絵を通じての友好

講演会や研修会でモデル演奏などのイベントが他多数あります。 絵を通じての友好

みんな集合!音楽で一日楽しく遊ぼう!

12月を恒例に、ゆめぱれす(朝霞市民会館)リハーサル室を貸し切って、 
音を楽しみ!仲間を楽しみ!音色を楽しんで!障がいがあってもなくても、年齢を忘れてプロフェッショナルのご支援を戴いていい時間を共有しています。
共催 (財)東京ミュージックボランティア協会

フィナーレは会場全員歌と演奏で!ビリーヴを
絵を通じての友好
実行委員メンバーと共催者
絵を通じての友好


朝霞市中央公民館 サマーフェスティバルに参加・展示部門&ステージ発表
8月30日(土)~31日(日) 午前9:00~17 :00  於:朝霞市中央公民館


 8月30日は、朝霞市コミュニティセンター1Fギャラリーには、朝霞水墨画連盟と朝霞手芸クラブと弊法人のみの展示となった。 加齢と共にクラブ活動に参加できる方が減り、展示発表作品も減少気味。そこに、マレーシアの児童画をたくさん展示し、会場が元気に明るくなった。 高齢者の手作り品も、材料費を捻出するために廉価で頒布して好評だった。31日も引き続き展示と頒布。昼には3階ホールで療育音楽を楽しむ会が発表し、 恒例となった「朝霞混声合唱団有志」が応援出演し素敵なハーモニーで発表を一層充実させてくれた


朝霞市地域保健福祉活動振興助成金事業
“共生で生きがいづくり”・の一環で下記の取り組みをしました。

1.講演会と学習会 障がい者が地域で生活するということ」をテーマに、学びました。
2.高齢者入所者を慰問演奏・・2回
3.みんな集合!事業に向けた実行委員会参加・・コーラスデビュウ―
取り組む地域での余暇活動も、本年は、おかげさまで障がい者が前面に出てこのようにしていきたい。」 を意見を伝えてくれるようになりました。の成果として5人の女性でコーラスデビューをしました。 地域の音楽家が応援伴奏で、12月15日の「みんな集合!音楽で一日たのしく遊ぼう!」で初披露でした。 ピアノ・フルート・サキソフォーンで伴奏!指揮伴 博氏
河東田 博氏
(立教大学大学院教授)をお迎えして
5人でデビュ-
「見上げてごらん夜の星を」
特別養護老人ホーム
「内間木苑」慰問


-->